« 「柳都」を模した公園に「ブルトン」がいた^^; | トップページ | 秋葉原UDXに、美味しい担々麺発見 「上海バール」 »

2006年4月 9日 (日)

【新潟、戦慄のグルメ】第1回 「甘いタレカツ丼」

新潟は、かつて「柳都」と呼ばれた頃から文化が行き交う拠点であり、料亭をはじめとした食文化も独自に発展してきました。それが故に、地元の人が「当たり前」だと思っているものが、実は「ちょっと変」だったり、「明らかに奇妙」だったりします。そんなものを紹介していきます。第1回はこちら。カツ丼です。

S_5政家」(新潟市南笹口)

ご覧下さい・・・ふ、蓋が、ドンブリの蓋が閉まりません!なんですかこの盛りは!これが、新潟のカツ丼の基本スタイルとは・・・。しかし、違いは見た目だけではありません。

新潟のカツ丼は玉子でとじないことから、見た目は「ソースカツ丼」に近いものです。実際、その様に誤解されて紹介されているケースもあるようです。しかし、ウスターソースの味が利いてキャベツの千切りも一緒に載っている「ソースカツ丼」とは明らかに一線を画しています。

24bit0332まず、キャベツなどの余計なものは一切載っていません。カツのみというシンプルさ。そのカツも必ず「一口カツ」です。更にソースが全く違います。正確に言うとソースではありません。醤油をベースにした甘いタレで、それにカツをどっぷりとつけています。とても甘いので、ウスターソースを想像していると味覚が軽いパニックを起こします。これはもう評価が真っ二つに分かれること請け合いです。

この「タレカツ丼」、新潟市古町通にある「とんかつ太郎」という昭和初期からあるトンカツの老舗が発祥だそうです。このため、「太郎流カツ丼」と呼ぶ方もいらっしゃるようですが、新潟では普及しすぎて「カツ丼」としか言われず、逆に玉子でとじた方のメニューに「玉子とじカツ丼」と注意書きがされる有様です。写真の「政家」は、「とんかつ政ちゃん」という店が、なんとファーストフード化してチェーン展開させつつある店舗。しかも店構えがちょっと今風。この一品は、ご飯の中にもカツが一層埋まっている豪華版です。

潟県民にとって、どれくらい「当たり前」なのかを調べるため、「カツ重」を出前でとってみました。

24bit01s_2 まずはトンカツ店は敢えて避け、洋食の老舗「キッチンV」(新潟市寄居町)です。

・・・やっぱりね。何とも言えず、重箱の形にキレイに合っているところが小憎らしいですな。なんだか、うな重を彷彿とさせる「潔さ」を感じます。  

24bit0228_1_1

ならば、と今度は中華料理店に「カツ丼」の出前を頼みました。

三宝飯店」(新潟市関屋新町通)です。

・・・当然ような結果が出てしまいましたね。こちらは、ちょっとだけ余計なもの載ってますが。

P1000015s

町のうどん屋さんで、サイドディッシュとして「カツ丼」を注文しました。

・・・もはや玉子とじのメニューがありません。タレがちょっとうどんだし風な感じで、甘過ぎなかったところが素敵。しかしあの甘さを感じないと、新潟らしくないと思い始めているところが危険。

P1000031s 県内の大手スーパー、「ウオロク」でカツ重を買い求めました。

・・・甘いです。タレが更に甘いです。「やわらかジューシー和風仕立て」とあります。そうか、新潟のカツ丼は「和風」という認識なのですね。はい、良く分かりました。肝に銘じます。コレがカツ丼ナノデスネ。すっかり洗脳された次第です。ものの本によると、お隣の会津のカツ丼も玉子でとじず、新潟より更に濃い目のタレにつけたものだとか。ぜひお目にかかりたいものです。

ちなみに、私が東京にいた頃に食べたソースカツ丼の中で、最も気に入っていたものをご紹介しておきます。

S_8

おか田」(新橋)

こちらはトンカツではありません。ビーフカツです。中がまだレア状態で、実においしい。これをバリバリのソースにつけ、その上にマヨネーズを筋状にかけたもの。私にはソース味がちょっと濃すぎるものの、見た目も格好良く、一撃でファンになってしまいました。店も微妙な雰囲気で良し。

|

« 「柳都」を模した公園に「ブルトン」がいた^^; | トップページ | 秋葉原UDXに、美味しい担々麺発見 「上海バール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「柳都」を模した公園に「ブルトン」がいた^^; | トップページ | 秋葉原UDXに、美味しい担々麺発見 「上海バール」 »